開運会社印は価格の相談も可能な【開運表札屋】へ!~丸印と角印の違いとは?~

丸印と角印の違い

会社で使用する印鑑には、丸印と角印が存在します。これらの印鑑は、それぞれ使用する場面と用途が異なるため、違いを覚えておくとよいでしょう。

丸印

法人の実印、つまり代表者印のこと。会社や団体の設立登記をした際に、法務局へ登記した印鑑です。中央に代表取締役印、取締役印、理事長印など、役職を示す記載があり、その周囲を囲むように丸く会社名が記されているのが一般的です。会社の代表が決定した取引や手続きなど、確かに契約を結んだと証明するための印鑑なので、とても重要な場面で使用されます。

角印

社印のこと。法人が使う認印のようなものです。見積書や請求書、発注書、領収書など、会社で日常的に発行される書類に捺印する印鑑となります。「この書類はこの会社が発行したものです」と示す役割があり、どちらも重要な印鑑なので、耐久性の高い素材や、複製が難しい書体などを選ぶとよいでしょう。

開運会社印は確かな品質と良心的な価格が魅力の【開運表札屋】へ!

開運会社印は確かな品質と良心的な価格が魅力の【開運表札屋】へ!

開運会社印をお考えの方は、70年の実績を誇る【開運表札屋】をご利用ください。実印、銀行印・認印・角印・会社印・代表者印・印鑑セットなどを良心的な価格でご用意しております。会社設立や法人の開運会社印は、貴社の商売繁盛を願って制作させていただきます。

お客様の情報を元に、陰陽学の鑑定結果から吉相の書体をお作りした後、福井・晴明神社で清め祓い完成となります。確かな品質と良心的な価格を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

開運会社印について相談なら【開運表札屋】へ!

開運会社印を検討中の方は【開運表札屋】へご相談ください。70年の風水鑑定を誇る、代表・黒田秀男が豊富な経験に裏打ちされた確かな技術を注ぎ込み、ほかにはないオリジナル商品をお作りしております。お客様とじっくりご相談の上、お客様の思いや願いをこめて丁寧にお作りします。

認印や銀行印を紛失して、今すぐ必要なハンコがある際にはスピード仕上げで即日お渡しも可能です。高級素材のパワーストーンを使用した会社印は大事な場面でお役立てください。

お役立ちコラム

確かな品質と良心的な価格が魅力の開運会社印は【開運表札屋】へ

店鋪名

開運表札のオンラインショップ 【開運表札屋】

TEL

0776-23-3903

FAX

0776-23-3903

E-MAIL

info@kaiun-pro.jp

HP

http://kaiun-pro.jp/

開運表札屋より、ご挨拶

obj_kao

この道70年の実績、長老・黒田秀男がお届け。
福井市生まれ 90歳

お客様、いらっしゃいませ。
この度は、 「開運表札屋」にご来店頂き、誠にありがとうございます。

黒田家の祖先は戦国乱世の九州(福岡藩)から始まり、播磨、大阪、近江、越前と移り住む過程で各藩のお役を務めて参りました。

創業400年。
悠久の歴史を刻む中で、武士として公務に就くかたわら、庄屋や鍛冶屋なども営みながら御朱印(印鑑)や看板(表札)の制作に携わってきたと代々語り継がれております。

私どもは黒田家の実績と伝統、それに質素倹約の精神を引き継ぎ、福井の地でひっそりと店舗を運営。
「陰陽道による風水」をこれまで幾千もの方々にご提案して参りました。

ここ霊験あらたかな越前・福井の地には、陰陽師・安倍晴明ゆかりの「晴明神社」がございます。
当店は晴明公が確立しました陰陽学を用いて、風水を込めた表札、印鑑、開運グッズをお作りし、出来上がった品は「福井 晴明神社」にて清めた後、お客様の元へお届けしております。

決して他店では手に入らないオリジナルの品々、いかがでしょうか。

風水のご相談・占い もお気軽にご用命ください…
何かお力になれるかもしれません。

積極的に幸運を呼び込みたい方、いますぐどうぞ!

実店舗・黒田印藩へご来店の際には、事前にご一報いただけますと幸いです。

風水鑑定士 黒田秀男

ページ上部へ戻る