開運表札でおすすめをお探しの方は高級な素材で丁寧に作り上げる【開運表札屋】へ~表札を取り付ける位置は?~

表札を取り付ける位置は?

表札は、玄関の顔であり、風水では運気は顔である玄関から入ってくると考えられています。表札がない家は、主人不在を意味しておりよい運気が入ってこないと言われています。では表札が完成したら、どの位置に取り付けるのがよいのでしょうか?

風水では、右が陽、左が陰とされており、よい運気は陽から入ってくるとされています。つまり、良いエネルギーを入れたい家に向かって右方向の「陽」の位置に表札を取り付けるのがよいのです。

しかし、玄関が東、東北、西のいずれかに向いている場合は左側に取り付けるほうがよいと言われています。ドアや門に直接取り付けたり、ドアの真上に取り付けたりすることはは、運気を下げてしまうと言われていますので、避けたほうがよいでしょう。

開運表札は高級な素材で運気を呼び込む【開運表札屋】へ!

開運表札は高級な素材で運気を呼び込む【開運表札屋】へ!

開運表札なら、1951年創業の【開運表札屋】へ!パワースポットで有名な陰陽師・晴明神社でお祓いされた表札なので、効果は絶大です。風水を取り入れた開運表札の専門店として、70年手書きにこだわった表札をご神木の一位や欅(けやき)、桜の樹木、銘木のひのきなどの高級な素材を主に使用してお作りしております。

ほかにも、風水を取り入れたマンション用の表札・プレート、門札、家紋入り表札、晴明表札、風水印鑑、パワーストーン開運印鑑、守護石ブレスレットもご用意しております。風水の悩みや鑑定・占いもお気軽にご相談ください。

開運表札でおすすめをお探しの方は【開運表札屋】へ!

開運表札でおすすめをお探しなら【開運表札屋】をご利用ください。【開運表札屋】の風水鑑定士・黒田秀男の祖先は九州(福岡藩)から始まり、播磨(兵庫)、近江(滋賀)越前(福井)と移りながら藩のお役を務めてきました。その400年の間、御朱印や看板の制作に携わり庄屋や鍛冶屋などを営んでいたと代々語り継がれております。

そうした先祖の実績と伝統、質素倹約の精神を引き継いだ【開運表札屋】を運営し、陰陽師・安倍晴明公が確立した陰陽学を用いて、風水を込めた開運表札を制作しております。完成した品は「福井 晴明神社」にて清めた後、お客様の元へお届けしております。

お役立ちコラム

高級な素材で運気を呼び込む開運表札は【開運表札屋】へ

店鋪名

開運表札のオンラインショップ 【開運表札屋】

TEL

0776-23-3903

FAX

0776-23-3903

E-MAIL

info@kaiun-pro.jp

HP

https://kaiun-pro.jp/

ページ上部へ戻る